納骨堂とビジネス9

納骨堂とビジネス9

目指せ!ビジネス

納骨堂とビジネス9

土地家屋調査士

不動産の表示に関して登記の手続きを行うのが仕事です。
建物の新築、増改築、土地の購入などの場合、現地の測量を行うことによって、登記する不動産の面積や使用目的を調査します。
その結果に基づいて申請のための書類を作成して法務局(登記所)に提出し、登記済証の交付を受けます。
土地家屋調査士になるためには国家試験に合格しなければなりません。試験は筆記試験とそれに合格した者に対する口述試験からなります。

関連資格
土地家屋調査士
資格区分 国家資格
資格の説明 所有者に代わって、土地の調査、測量を行い、不動産の登記に必要な申請手続きをする。司法書士資格と併用すればさらに有利。社会資本整備の面からも公共性の高い資格。
取得方法 試験は通常8月に実施され、年齢、学歴等に関係なく、誰でも受験できる。なお測量士、測量士補、または一級建築士、二級建築士の資格を有する者は、第2次試験が免除される。
問い合わせ 各管区法務局、または地方法務局
TEL 03−3214−6231(東京法務局)
取得後の進路・職業 不動産の登記に必要な一連の業務を担当する。また、司法書士、宅地建物取引主任者などの資格も併せて取得し、独立するケースも

不動産鑑定士

不動産の鑑定評価の業務を行う仕事です。
金融機関の融資に伴う担保不動産の鑑定評価、不動産の取引に伴う鑑定秤価、国有財産・公有財産、公共用地などの取得処分等の場合の不動産の鑑定評価などが主な業務です。
国家試験で資格を得ます。
資格を生かして、不動産会社や建設・土木会社、金融機関、官公庁、商社など多方面で活躍できます。
一方資格を生かして不動産鑑定士事務所を開業することもできます。
不動産の価格変動に伴い需要の高くなった職業として注目されています。

関連資格
不動産鑑定士(補)
資格区分 国家資格
資格の説明 第1次試験合格者わずか数%という最難関国家資格の一つで、社会的信用度も高い。第三者から依頼を受け、公平な立場で不動産の経済的評価を行うのが不動産鑑定士の仕事である。地価の公示や調査などの公的な評価業務、裁判所や税務、法務といった官公署と関連する業務、金融機関等の融資にともなう担保評価や通常の不動産取引の際の評価業務など、官・民を問わず必要とされ、業務内容は多岐にわたる。景気に左右されない安定した資格である。
取得方法 3段階選抜の国家試験すべてに合格すると、資格が与えられる。試験は年1回実施され、第1次試験は誰でも受験できる。第1次試験は国・数・論文の3科目、第2次試験は民法、不動産に関する行政法規などの5科目。第1次試験に合格すると第2次試験が受けられ、第2次試験合格の前後に2年以上の実務経験があれば不動産鑑定士補となる。その後さらに1年以上の実務補習を修了して、第3次試験を受けることができる。第3次試験は不動産鑑定評価実務の1科目。
問い合わせ 各都道府県主管課または国土交通省土地・水資源局地価調査課
TEL 03−5253−8111
取得後の進路・職業 中古住宅やマンション買替えの際の鑑定評価、借地権・借家権の売買にまつわる鑑定評価といった需要も増しており、資格取得者はまだまだ足りない状況である。好不況に関係なく安定した高収入が得られ独立に有利

弁護士

個人や企業、官公署の依頼で、法律に関する事務の助言を行ったり、事件の訴訟を取り扱います。
社会の動きに応じて、消費者の保護や人権に関する問題、また企業が新しい分野に進出する際の法律間題などが発生しており、弁護士の仕事も多方面に渡っています。
最大の難関といわれる司法試験に合格し、さらに司法修習生をつとめて資格を得ます。

関連資格
司法試験



納骨堂とビジネスTOPに戻る